ネットベースカツラのメリットについて

近ごろでは、さまざまな理由で薄毛に悩んでいる人が急速に増加してきていて、仕事や家事の忙しさによる疲労の蓄積や極度のストレスなどが原因で、髪の毛が抜け落ちてしまうこともあり、また、祖父や父親などの家族からの遺伝による薄毛や抜け毛が起こってしまう場合も数多く見られます。このような深刻な悩みを抱えている人の間で大きな注目を集めているのが、ネットベースカツラです。ネットベースカツラは、網目状のメッシュ素材に毛を植毛したもので、その厚さやメッシュの形はそれぞれ異なり、薄いタイプは生え際を出せるものもあり、自然な形を演出できます。また、メッシュの隙間が広いタイプもあり、自分の髪の毛をメッシュの隙間から引き出すことによって、カツラの毛と一体感を持たせて、より自毛に近い感覚で利用することも可能なのです。

 
髪の毛の生え際を出すことが可能な薄いタイプの耐久性は、一年前後となっていて、通常の厚さのタイプは、二年から四年程度となっています。ただし、使用する人の環境や毎日のお手入れなどによって耐久性は変わってくることもあり、丁寧に使用して日々のお手入れをしっかりと行うことによって、より長く快適に使用できます。ネットベースカツラの装着方法としては、薄いタイプの場合はテープによる装着が適していて、通常のタイプの場合には全ての装着方法に対応することが可能と言えます。

 
AGAは、男性型脱毛症とも言われていて、周囲の人の頭への視線が気になり、強いストレスを感じて精神的にも追い詰められてしまう人も年々増加してきていて、最新のカツラを上手に利用することによって、このようなストレスからも解放されますので、多くの男性の間でも厚い信頼と満足度を誇っています。ネットベースカツラの大きなメリットとしては、地肌が透けるくらいの髪の毛の量でも可能な点や、人工皮膚を入れなくても分け目が自然な点が挙げられ、その他にも、ほつれの防止機能が施されていますので、耐久性にも非常に優れていて安心ですし、また、通気性が良いため、地肌にも風を感じて装着できること、軽量でつけているという感覚をほとんど感じることなく、一日中快適に過ごすことが可能な点などもあります。

 
AGAで深い悩みを抱えて苦しんでいる人々にとって、より自然な形で頭に装着できて、しかも外見上ほとんど周囲の人々からも気づかれることのない最先端のカツラは、絶大な支持と評価を集めていて、自分に自信を持って前向きに生きることができるという効果も期待できるのです。ネットベースのカツラは、人工皮膚タイプと比較すると、値段が安くてお手頃ですし、丈夫で耐用年数も長めで、自分の髪の毛の上からも使用できるという数多くのメリットがあり、一方、人工皮膚タイプと比べてみると、地肌との一体感でやや劣る場合もありますが、最近ではより薄い気づかれにくいタイプも多く開発されてきていますので、安心して利用することができると口コミによる評判も高まってきているのです。
このように、髪の毛の抜け毛や薄毛に強いコンプレックスを抱いている人々が、その問題を短時間で効果的に解消するためには、最新鋭の技術力を駆使して開発されたカツラを賢く利用することによって、日常生活における満足度も高まりますし、快適に楽しく活動的に暮らすことができるという大きな魅力もあるといえるのです。
ネットベースカツラには、さまざまなメリットやデメリットがあり、それらについて事前に十分な説明やアドバイスなどを受けて知識を高めることによって、後悔のない選択をすることが可能になりますし、毎日薄毛や抜け毛の心配をすることなく、いきいきとした暮らしを送るためにも、髪の毛のスペシャリストの意見や説明をカウンセリングでしっかりと受けることが大切です。

AGA対処スキンベースカツラの特徴とメリット

カツラと聞くと嘲笑の対象のようにおもわれ薄毛で悩んでいても躊躇してしまう方が少なからずおられるといいますがそれでもカツラによる精神的な作用はとても大きいといえるでしょう。今日のAGA(男性型脱毛症)をはじめとした脱毛症は通常効果が出るまでに長い治療期間が必要であることが多く、個人個人の社会的環境と頭皮の状態、年齢や家族代々の遺伝などによりそれぞれ違いますが治療を始めてすぐに効果が出ることは稀で、半年から4・5年の期間、もしくは効果がまったく表れない場合もあり薄毛の状態が続くためそれがまたストレスになって脱毛症が進行するといったような症例もあり対人関係における薄毛のインパクトが強いというのは万人の認めるところです。薄毛の方ご本人もたいてい非常に精神的に見た目を気に病んでいる方が多くそれを一時的に、また継続的に解決する治療とは違った処置としてカツラの着用は非常に有効であるといわれています。

 

 

カツラは古くはエジプトより、日本では西暦約800年ごろ年醍醐天皇の時代よりカツラが使われていた記述があり、現在に至っては遺伝的な脱毛症だけでなく薬の投与による副作用やファッションの一部としてのウィッグなど様々なカツラがつくられその技術もどんどん進歩しています。薄毛対策としての昔の男性用カツラはベースが絶対に見えてはいけないもので毛髪をたくさん植えてベースが見えないようにするようなものであり少量の髪を増やすことは難しく地毛になじみずらいことがあり、特に生え際の不自然さが際立つので生え際を見せるスタイリングはできずヘアスタイルを楽しむことはできませんでした。

 

 

現在はスキンベースカツラ(頭皮に見えるベースのカツラ)の登場で生え際の見えるヘアスタイルや髪のボリュームを自然に増やすことも可能になり、素材もポリウレタンまたはさらに極薄の0.03mmから0.06mmのものは極薄のシリコンを使用して従来の1mmから1.5mmのスキンベースカツラよりも装着すると毛髪と頭皮の境目が透けて見え本当に頭皮から髪の毛が生えているような質感を出すことができるようになり、またスキンベースカツラをネットベースカツラと組み合わせたカツラを使用することでさらにわかりずらいというメリットがあり部分用全体用ともに大変高いクオリティーです。スキンベースカツラのデメリットはその耐久性です。スキンベースカツラの0.03mmタイプのものは専用の接着剤で装着し、使用する環境や取扱いの仕方で変わりますが極薄ののカツラは3日から14日で取り換えるいわば使い捨て、0.06ミリタイプのものは接着テープでの装着が適しており通常の使用で約1年での買い替えが必要となります。またネットベースのカツラはネットのメッシュ状網目の上に髪の毛を植えた状態のもので、テープでの装着が望ましいですがすべての装着方法で使用でき網目の形状もその厚さもさまざまですが通常は1年間程度の使用で買い替え交換期間となります。

 

ネットベースカツラは自分の毛をメッシュの網目から引き出して混ぜてスタイリングできるのでより自然にボリュームアップができ特に女性のAGA・びまん性脱毛症の方にたいへん人気の商品です。またベースを混合にして生え際や頭頂部に合ったタイプのカツラを使用することにより自然なスタイリングが可能となりましたがそのカツラのベースに合ったメンテナンスとケアをしなければならず、耐久性も個々のカツラでちがうためメンテナンス費用が掛かることもデメリットと言えるでしょう。

カツラは高価な商品であるため、カツラを購入するときは自分の希望するヘアスタイル、地毛と頭皮の状態やその範囲とどのくらいの髪の量が必要なのかをよく検討し費用と用途にあったベースのカツラを購入するようにしましょう。また信頼のおける購入場所で選ぶことも重要です。

AGA治療以外の処置である人毛カツラのメリットとデメリット

日に日に透けて見えてくる頭皮、どんどん後退していくこめかみのラインに毎朝鏡の前で憂鬱な気分になるAGA(男性型脱毛症)、仕事でのお辞儀の際やプライベートでも帽子が脱げないなど、お困りの方が増えています。AGAの治療は早い段階での治療開始がすすめられていますが、治療には長い時間とけして安くはない費用がかかり、最近ではAGAによる薄毛の発生が若年化しつつあることにより、十分な費用が用意できずやむなく治療を断念したり中断せざるおえない状況になる方も多くおられ、また個人個人の生活状況や身体的な違いによりますが、AGA治療を開始したからといって必ずしもすぐに髪の毛が生えてくるわけではありません。

 

 

カツラを着用することは薄毛治療とは別のアプローチとして植毛や増毛よりもはるかに昔、古代エジプトから日本では醍醐天皇(西暦879年から930年)の時代より禿げ・薄毛を隠すための処置として存在してきました。カツラのメリットは大変手軽に薄毛が隠せ、すぐに見た目が思いどおりに変わる効果があるということです。長い治療期間中ずっと見た目を気にする必要はなく、現在治療中、または治療を行っていない方でもすぐに見た目が若若しくなり自分に自信が持てるようになります。

 
人毛カツラはカツラの素材に実際にいる人間の頭髪を使用したカツラで、最大のメリットはその見た目や触り心地がとても自然でカツラと気づかれにくいところとまるで自分の髪のようにパーマやカラーリングできること、自由にヘアスタイリングできるところにあります。人毛カツラの特徴として材料となる人間の髪の毛は主に東南アジアや中国の方の髪の毛が使われ、その太さやまっすぐ、うねるなどの癖、色などが個々のカツラで違います。人毛カツラのデメリットは人体に生える通常の頭髪と同じでシャンプーやケアなどのメンテナンスを常時行う必要があること、使い始めは即効性がありすぐに満足のいく仕上がりになりますが、個体差はあるものの人毛であるがゆえに太陽の光で一年ほどすると、変色したり色あせていくので染め直す必要があること、スタイリングしやすいということと同時に形が崩れやすいこと、シャンプーの後や雨でぬれた後に乾きにくいこと(しかし同時により自然に見える)、人口毛のカツラよりも重い、人口毛のカツラよりも購入に費用がかかることなどがあります。

 
人口毛のカツラの特徴として、カツラの素材はポリエチレンなどの化学繊維と特殊な材料を使い、近年ではその技術の進歩によってかなり自然に見えるようになってきており人の髪の毛の触感にもかなり高いレベルで近づいてきているカツラも多く販売されるようになってきています。人口毛のカツラのメリットは人毛カツラに比べ値段が安いこと、色あせることがほとんどないこと、濡れた後に乾くのが早いのでメンテナンスが楽なことがあります。人口毛のカツラのデメリットはカツラによっては髪の光沢が人工的であまり安いものだと見た目が不自然になりすぐにカツラだとわかってしまうということ、自分の髪となじみにくいこと、ゴワゴワすることがあること、年月が経つと全体や毛先が縮れてくること、価格繊維のため静電気が発生しやすいことなどがあります。

 

 

人毛のカツラはもとより、人口毛のカツラはメンテナンス費用が安いのがメリットですが値段が安いものになると不自然になってしまうので購入場所はカツラ専門店や医療用のカツラを扱っている店舗で購入するのが望ましいでしょう。また近年では人毛と人口毛を混ぜたミックスカツラが販売されており、人毛と見間違うほどの品質のものもあって自然に見えるようになり人毛にくらべ人口毛やミックスカツラのシェアが増えています。

AGAの対策としての人工毛カツラのメリットとデメリット

だんだんこめかみが後退していく不安、頭皮が見えてくる恐怖などAGA(男性型脱毛症)などによる薄毛の悩みはとても深刻なものであり、毎日枕の抜け毛を気にしたりシャンプーするのが怖かったり、ひとと会うのが億劫になり引きこもりがちになるなど精神的に暗い影を落としています。AGAの治療には長い時間とどんなに安いといわれてもそれなりの治療費用がかかります。そしてその効果は個人の体質によりすぐに効果のでない人も多いといわれていています。

 

 

カツラをつける、というとすぐに「カツラをつけていることがばれるのではないか」とか「ばれた時にバカにされるのではないか」という理由で着用を避ける人が多くいるようですが、カツラを着用することによって治療中の方や治療をしていない方でもすぐに見た目が変わり若々しく、自信を持てるという精神的利点は無視できません。人毛のカツラは素材に中国や東南アジアの方の髪の毛を使っているのが特徴でそれぞれに髪の太さ・色・癖などが一つ一つ違い、実際の髪の毛のように自然で見た目にわかりずらくスタイリングしやすいのですがデメリットとして常にシャンプーなどのケアメンテナンスが必要で人工毛カツラよりも重く、価格が高いことがあり、人間の髪の毛であるがゆえに一年以上たつと太陽の光で色があせたり変色したりしてしまい染め直すことが必要になったり人工毛カツラよりもメンテナンス費用がかかります。

 
人工毛カツラの特徴はポリエチレンなどの化学繊維と特殊な材料によってできており人毛のカツラよりも比較的安価で手に入り、色が変わりずらく洗っても乾くのが早いなどケアメンテナンスが楽なことがメリットですがその品質や価格が非常に幅が広く、ゴワゴワしたりカラーが基本的にできなかったり、地毛となじみにくい場合があったり化学繊維のため静電気が発生しやすく年月がたつと全体や毛先が縮れてきてしまうなど人口毛カツラならではのデメリットがあります。またあまり安いものを購入すると化学繊維特有の光沢が人工的に見えてしまいカツラだと気づかれやすいということがあるのですが、最近は化学技術の進歩によってかなり自然に見えるようになってきており見た目が人毛と変わりがないレベルまで自然に見えるものも販売されるようになっており、また人毛と人工毛を混ぜたミックスカツラも出回るようになりさらに自然に見えるようになって、レミーヘア(キューティクルなどの向きが同じでダメージが最小限の人毛を100%使用している)の高級カツラの人気をしのぐ勢いでそのシェアをどんどん増してきています。

 

ことに最近は女性の方でもAGAを発症される方も多くおられ医療用の人毛カツラ・人口毛カツラともに髪の流れが自然でスタイリングがしやすいものをを求められる傾向になり、人口毛カツラ・人口毛と人毛のミックスカツラでも耐熱の化学繊維を使ったカツラではコテやヘアアイロンなどで自由にスタイリングできるものも販売され人気を得ています。しかし一般的にカツラはドライヤーの熱やブラッシング、無理なスタイリングでどんどん劣化していくといわれており通常よりも短い寿命で新しいものを購入することになったりするのでその取扱いには細心の注意が必要です。また使用期間中のメンテナンスやケアによりさまざまですが数か月から長くても5年という寿命があり一生使うことができないため、なるべくメンテナンスを含め長い期間続けて通えケア方法やできれば地毛の状態を把握しアドバイスを受けられるような、信頼のおけるカツラ販売の専門店を購入場所に選ぶこともとても大事です。ともあれカツラはけして安くはない買い物です、後悔しないためにも十分に検討し購入するとよいでしょう。

AGAの治療と医療用かつらについて

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことをいい、思春期以降に発生する進行性の脱毛症でこめかみの上から始まり、生え際が後退して行くことにより特徴的なM字のような形となるのが典型的な経過で、頭頂部の毛髪が細くなり、薄毛や禿髪となってしまうことも多くあります。原因はさまざまあるとされ、環境的な要因から遺伝的なもの、男性ホルモンの影響などが考えられています。AGAを治療するにはいくつか方法があり、血管を拡張する作用のある内服薬を使うことによって、血行が促進されて毛髪の成長が促進し、毛髪の成長にかかせない成長因子を分泌することによって脱毛を改善したり「ミノキシジル」、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう男性ホルモンの働きを抑制する「フィナステリド」や「デュタステリド」、毛包の発育を抑制するテストステロンの働きを抑えて毛髪成長を刺激するカフェインを含んだシャンプー、自分の髪の毛を頭皮に埋めて行く植毛などがあげられます。

 

 

このような治療を行っても改善できない場合に、おすすめの治療方法が医療用かつらになります。医療用かつらは、抗がん剤治療などの副作用によって髪の毛を失った人を中心に使われてきましたが、患者向けのかつらのため着ける人に合った状態に合わせた機能や品質で使用することができ、頭に合ったサイズ調整ができ、つけ心地が負担にならない軽さで、浮いて不自然になることのない安定感のある着け心地であり、医療用のため頭皮などに負担をかけず、見目が自然で、汗や熱をため込まない通気性の良い素材であることが特徴になります。また、頭皮への刺激が最小限のため、自毛が発育するのを妨げないようになっており、洗っても平気な耐久性があり、抗菌や防臭効果も高いため頭皮を清潔に保つことができるようになっています。

 
男性用かつらの場合には、オーダーメイドで作ると価格が50万円以上かかってしまうこともありますが、医療用かつらの場合には、予算や用途によって異なりますが既製品なら4万円、オーダーメイドなら7〜10万円ほどで購入できるとされており、毛髪の使用する人の毛質に合わせて人毛、人工毛、両方をミックスしたものなどが作ることができ、不自然さが無いようにすることができるようになっています。これらの素材にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、カウンセリングなどで自分や予算に合ったものを選択することが大切です。

 

 

最近では、医療用かつらはインターネットで注文して、サンプルが送られてきて使用して使い心地が良かった場合に購入するという通販できるものや自宅に訪問して商品を購入できるシステムも出てきており、かつらを購入するために店などに出向いて行く必要がなく、メールや電話でかつらについて相談することができるようになっています。また、頭を全て覆うかつらだけではなく部分的に髪のボリュームを上げることのできるウィッグも販売されており、心理的に抵抗感が少ないものも増えています。AGAへの根本的な治療にはなりませんが、植毛や増毛などに比べて身体的な負担や定期的に病院に通うなどの手間もかからないため、手軽に見た目を改善したい人には現在でもかつらは人気の方法となっています。

 
AGAの治療を行うには、多角的な育毛ケアが重要となり、治療薬や見た目を簡単に改善できるかつらに頼るだけではなく生活習慣から予防して行くことも大切です。髪に栄養を巡らせるためのバランスの良い食事、栄養を髪へ届けやすくするための頭皮環境の改善や血行促進、成長ホルモンをしっかり出す十分な睡眠時間、過度な飲酒やタバコ、脂質の多い食事などを改善することも治療には重要となります。まずは、このようなAGA治療専門病院で医師へ相談し、AGAの有無やその進行状況をチェックしてもらいましょう。